コラム | 栃木県宇都宮市越戸町 宇都宮駅【個別指導ジェネシス】

MENU

コラム

勉強に疲れた時の対処法について詳しく解説

2022.09.01


受験生であれば、1秒でも長く勉強に集中できる時間を増やしたいと思っているでしょう。
しかし、疲れにより集中力が途切れた状態で勉強を続けても非効率であることをご存じでしょうか。
今回の記事では、勉強につかれた時の対処法に関して解説します。

▼勉強に疲れたと感じる時の対処法

仮眠を取る
勉強に疲れた時は、体を休ませるのが効果的です。
特に疲労感だけでなく眠気を感じる時は、思い切って少しだけ仮眠を取りましょう。
仮眠を取ると脳や体の疲れも和らぎ、気分もリフレッシュされます。
ただし、眠り過ぎないように注意しましょう。
仮眠時間は15~20分、長くても30分までです。

軽い運動をする
軽い運動をするのもリフレッシュするにはおすすめです。
軽い運動をすることで、体全体の血流をスムーズにしやすくなります。
また、近場の散歩やコンビニまで歩いて買い物に行くのも程よい運動になります。

目を休める
近年のIT化の影響で、目は酷使されています。
勉強にしてもそれは同様です。
目が乾いたり目の奥が重くなったなどと感じた際は、目薬を使う・目を閉じる・ホットアイマスクを使うなどして疲れを溜めないようにします。
手軽な方法としては、目を閉じる方法があります。
1時間に1分間だけ目を閉じるだけでも、目の疲れが軽減されます。

▼まとめ
疲れた状態で勉強を続けても非効率です。
時には思い切って仮眠を取ってしまった方が、その後の効率が上がります。
運動をしたり目を休ませて自分の体をケアしてあげることこそが、継続的に勉強を続けられることにもつながります。
個別指導ジェネシスでは、生徒の目線に合わせた分かりやすい指導を心掛けています。
ぜひ一度見学にお越しください。

最新記事

  • 2022.12.03

    受験勉強は平均何時間しているのか

  • 2022.11.01

    勉強が楽しいと思えるようにする方法について

  • 2022.10.15

    集中力が高まるおすすめの勉強場所を紹介

  • 2022.10.01

    夏休みの受験勉強で必ずやるべきことについて解説

  • 2022.09.15

    受験勉強が間に合わない時の対処法について

アーカイブ

お問い合わせ CONTACT

見学無料・お気軽にお問い合わせください。