コラム | 栃木県宇都宮市越戸町 宇都宮駅【個別指導ジェネシス】

MENU

コラム

受験勉強用の暗記ノートについて詳しく解説

2022.07.15


高校受験の際のノートは、「暗記用」と「まとめ用」の2種類必要だと言われていることをご存じでしょうか。
暗記用は書いて覚えていくためのノート、一方まとめ用は苦手な問題やどうしても覚えられないものをまとめていくノートです。
そこで今回の記事では、この2つのノートのうち「暗記用ノート」について解説します。

▼暗記用ノートについて

暗記用ノートの作り方
暗記用のノートを作る際は、キャンパスノートのようなノートを活用しましょう。
書いて覚えるためのノートなので、いくら汚い字で書いても自分さえ読めれば大丈夫です。
ノートを作る際は、このノートが「受験勉強を始めてから何冊目のノートか」「いつからいつまで使用したものか」を記入しましょう。
後々、「自分はこれだけ頑張った」と達成感を感じると共に自信にもつながります。

暗記用ノートを作るメリット
暗記用ノートとは、解き方のポイントや暗記すべきことを整理してまとめたものです。
ノートをつくる過程で、過去のテストで誤答した原因を明らかにしたり、バラバラに覚えた内容をグループごとに分類します。
それにより、頭の中を整理しながら復習していることになるのです。
また文字を書く行為自体が多くの神経を刺激し、覚えたことを長期間忘れにくくなるなど、たくさんのメリットがあります。

暗記用ノートを作る際の注意点
・暗記ノートは作り込み過ぎない(必要以上に時間をかけるとかえって勉強の効率が落ちてしまいます。)
・順番は気にせず、前からどんどん書いていく
・覚えるべきことを集約させる(すでに覚えていることを書くのは時間の無駄です)
・使用する色を増やし過ぎると、時間がかかってしまうので使用する色は最低限に(何が重要かも分かり難くなります。)
・1教科につき1冊にまとめる

▼まとめ
高校受験の際には、まとめ用と暗記用の2種類のノートが必要です。
そのうち暗記用は、文字通り自分が暗記するためのノートです。
時間をかけすぎて、勉強する時間が短くなってしまったら本末転倒です。
暗記すべき事柄をどんどん書いていきましょう。
受験に於いては「誰かに教わる」という手段も大切です。
個別指導ジェネシスでは、安価で5教科を指導します。
お気軽にお問合せください。

最新記事

  • 2022.09.15

    受験勉強が間に合わない時の対処法について

  • 2022.09.01

    勉強に疲れた時の対処法について詳しく解説

  • 2022.08.15

    受験生におすすめの文房具を紹介

  • 2022.08.01

    受験勉強のモチベーションを上げる方法

  • 2022.07.15

    受験勉強用の暗記ノートについて詳しく解説

アーカイブ

お問い合わせ CONTACT

見学無料・お気軽にお問い合わせください。